ギャンブル依存症とオンラインカジノの自己規制

10月 4, 2022

オンラインカジノを含むギャンブルでプレイする方は、一度はギャンブル依存症について考えたことがあるのではないでしょうか?

日本での対策とオンラインカジノの自己制限をみてみましょう。

ギャンブル依存症

日本では「ギャンブル等依存症対策基本法」が2018年に法律が施行されています。

2020年に行われた国の調査によると、全国の18歳から74歳までの2.2%にギャンブル依存症の疑いがあるとの結果が出ており、男性はパチスロ、パチンコ、競馬の順で多く、女性はパチンコ、パチスロ、 宝くじ。

都道府県に依存症の早期発見や回復に向けた対策について計画を策定する「努力義務」が課せられていて、2024年度から具体的な対策に乗り出す考えと言われています。

とはいえ、一度ギャンブルを始めたら、自己責任。

ギャンブル依存症と感じる方、あるいは周りにそういった人がいれば、きちんと向き合っていかなければいけません。

オンラインカジノの自己規制

オンラインカジノの認知は、パチンコや競馬などのギャンブルに比べると低いですが、年々とプレイヤーが増えており、オンラインカジノもギャンブルの一部。

各オンラインカジノには「自己規制」というシステムが設けられています。

自己規制ではプレイヤー自身が設定することができるのが特徴です。

この機能を使う事で「長時間遊ばない」「お金を使い過ぎないようにする」ことができます。

オンラインカジノでアカウントを作った際、自己規制の機能は全てオフになっているので、使い過ぎやギャンブル依存症になる不安がある方は、自分で好きな機能を設定することができます。

オンラインカジノによって設定は多少異なりますが、以下のような機能があります。

入金制限

入金制限はアカウントに入金できる上限額を自分で設定する事ができます。

この機能を使用すると、自分で指定した期間内に入金額が上限に達した場合はアカウントへの入金が拒否されるため、設定した金額以上の資金を使ってしまう心配がなくなります。

ロス制限

ロス制限は負け額の上限を設定する事ができます。

指定した期間内に指定した金額の損失を出ると、指定期間内はプレイできなるなる仕組みです。

入金した金額ではなく、収支の使いすぎや損失を防ぐことができます。

時間制限

時間制限はログインしてからプレイできる時間を設定することができるので、決められた時間以上は遊ぶ事ができなくなります。

制限時間が近づくと、画面内に通知が表示されるので、急にログアウトされる心配もありません。 

ログイン制限

ログイン制限は指定した時間、日数内のログインができなくなる機能です。

既に遊び過ぎた時や、お金を使い過ぎと気に使用することで、24時間、7日間また、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月の長いスパンでのログイン制限も設定することができます。 

アカウントの凍結

アカウント凍結はアカウントを閉じて、そのオンラインカジノの利用が利用できなくなります。

ログイン制限と同じような機能ですが、制限期間に上限がありません。

また、ログイン制限は指定した時間や日数が経過すれば自動でログインができますが、アカウント凍結の場合は、自分でそのオンラインカジノに問い合わせて凍結を解除してもらわなければいけません。

本当にオンラインカジノを辞めたいと感じた時に利用しましょう。

まとめ 

オンラインカジノなら、自由に自己制限を利用して、自分にあった資金と時間でプレイできます。ギャンブル依存症になる前に活用して、楽しくオンラインカジノでプレイしましょう。

Comments

コメントを残す

タイガーリッチカジノ(Tiger Riches Casino)

6.8/10

100% 最大 100.000 ¥

25 フリースピン

賭け条件 - 40x