スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターン

リアルマネーでプレイ

2年間の沈黙を破り、大人気スロット「スティッキー・バンディッツ」の後継機、「スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターン」がリリース!2017年のオリジナル版に比べて大幅に改良されての登場です。

ゲームプロバイダー:
ペイアウト率: 96.28%
フリースピン: 7
ボラティリティ:
評価:

プレイに最適なカジノ

5リール4行、ペイラインは40。前回のバージョンではバンディッツが2人だったのに対し、今回3人のバンディッツが出てきます。バンディッツとはいわゆる無法者のこと。アメリカ西部の盗賊が大暴れしてくれるクイックスピン社のアツいスロットを詳しく解説します。

スロットのテーマ

アメリカ西部劇風のデザインにサウンドがカッコよく響いて隅々まで雰囲気たっぷり。オープニングのスクリーンにはいかにもなスイングドアが表示されており、気分を盛り上げてくれます。

シンボルには3人のバンディッツ、ウイスキー、葉巻き、トランプなどテーマに沿ったものが使われています。西部劇といえばウイスキー!期待を裏切らないビジュアルです。

画面下側に操作パネルがあるので、以下の手順でスロットの設定を行います。

  • オートプレイボタンは画面右側のターボボタンの上にあります。両方のコントロールの右側にスピンボタンがあります。 
  • 左側には2つのボタンがあり、メニューでは配当などのゲームに関する情報があります。
  • 情報ボタンの下には設定があります。ここでは自分の好みに合わせてゲームを調整することができます。
  • プレイを開始するにはベットのサイズを選択します。このゲームは1スピンあたり0.2ユーロから100ユーロの範囲内でベットすることができますので、どんな予算にも対応する機種となっています。
  • 左から右に3つのシンボルが揃うとヒットです。

スロットの機能

このスロットは続編なのでゲームのテーマはオリジナルを完全に踏襲したものとなっていますが、機能が旧バージョンに比べてパワーアップしています。すべての通常のシンボルを置き換えるワイルドシンボルを特徴とし、これはスティッキーワイルドとスキャッターと共に重要な役割を果たします。注目すべきボーナス機能は次のとおりです。

マッシブシンボル機能

ゲーム中にバンディット記号が大きく表示されることがあります。シンボルはグリッド上の2×2のグリッドスペースまたは3×3のグリッドスペースを埋めることができ、これによりヒットの組み合わせが出るチャンスが増えます。 

クイックスロット機能

このスロットには5番目のリールにしか表示されないという特殊なクイックスロットシンボルがあります。このシンボルを揃えるとゲーム内に別のミニスロットが出現します。

ミニスロットには、3つのリールに4種類のシンボルが配置されています。4つのシンボルの中でラッキー7が一番配当が高く、1つのペイラインに3つくるとベットの500倍にもなります。なお運が良ければこのミニスロットで最大3回のスピンを得ることができます。

配当とその他のボーナスシンボル

ワイルドやスキャッターのほか、高配当シンボルには3人のバンディッツ、中配当にウイスキーと葉巻き、低配当にトランプのシンボルが使われています。配当表は次のようになります。

シンボル 3つ 4つ 5つ
ワイルド 0.75倍 1.5倍 10倍
赤のバンディット 0.75倍 1.5倍 10倍
緑のバンディット 0.5倍 1.25倍 5倍
青のバンディット 0.5倍 1倍 3倍
ウイスキー 0.4倍 1倍 2倍
葉巻き 0.4倍 1倍 2倍
A 0.2倍 0.5倍 1.25倍
K 0.2倍 0.5倍 1.25倍
Q 0.15倍 0.4倍 1倍
J 0.15倍 0.4倍 1倍

ジャックポット

残念ながらジャックポット機能はありませんが、ジャックポットに匹敵するぐらい大きく勝てる可能性があり、最大配当はなんと1145倍!十分な賞金が見込めます。

フリースピン

このゲームのフリースピン機能はラッキーショット機能と呼ばれています。スピン中に3つ以上のスカルのスキャッターシンボルをランディングさせると発動し、7回のフリースピンを受けることができます。

そのフリースピン中にバンディッツのシンボルがリールに現れることがあり、そうするとラッキーショットが発動、ランダムに銃弾を発射してリール上のシンボルを変化させます。銃弾がバンディッツのシンボルに当たるとスティッキーワイルドとなり、ラウンド中はその位置を維持します。銃弾が巨大なキャラクターの一部に当たると複数枚がスティッキーワイルドになります。

ペイアウト率とボラティリティ

スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターンのペイアウト率(RTP)は96.28%です。これは1ラウンド当たり1ユーロとして、100ラウンドごとに約96ユーロの配当を期待できるという意味です。またクイックスロット機能の影響でボラティリティは高め。ボーナス機能が発動すれば稼げますが、その機能が有効になるまでに少々時間がかかる機種となっています。

リアルマネーでプレイ

スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターンはリアルマネーを使ってのプレイが可能です。当サイトがおすすめしているオンラインカジノでぜひトライしてみてください。おすすめリストに載っているところはお金も安全に扱っていますし、セキュリティも高いので安心です。

また各オンラインカジノではそれぞれボーナスやフリースピンを用意しているので、うまく利用してお得にプレイしちゃいましょう。パソコンからでもスマホからでも、24時間年中無休で場所を選ばず遊べます。

デモ版

どんなスロットでも焦ってお金を賭ける必要はありません。理想的にはまずレビューを読む、そしてその後にお試しプレイをすることが大事です。お試しするには無料のデモ版を利用するのをおすすめします。初心者は最低でも100回は回すといいでしょう。ベテランさんならもうちょっと少なくてもOKかもしれませんね。

お金は大事なので、リスクを減らすためにも出来るだけデモ版でのプレイの工程を省略しないようにしてください。デモ版の利用時にルールを把握することもできますし、どのカジノが自分に合っているのかを確かめることもできます。デモ版の利用は登録不要なので個人情報も安心です。ぜひ積極的にご活用ください!

まとめ

このスロットの最大のハイライトは何と言ってもミニスロット機能!前作よりもボーナス機能が大掛かりなものになっており、さらに楽しめるようになっています。最大配当が1145倍なのでそれも前作を上回っています。

前作同様マルチプライヤーがないこと、ボーナス機能が発動するまでしばし我慢しなくてはいけないところが若干気になりますが、全体に質の高いスロットだといえるでしょう!

よくある質問

スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターンのペイラインはいくつありますか?

このスロットには最大40のペイラインがあります。3つ以上のシンボルをリール上で揃えればヒットとなります。

スティッキー・バンディッツ ワイルド・リターンの最高配当は?

最高配当は1145倍です。

スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターンにはジャックポットはありますか?

いいえ、このゲームにはジャックポット機能はありません。

スロット機能 ワイルドシンボル, フリースピン, ボーナスゲーム, スキャッターシンボル
発売日 8月 13, 2020
ゲームプロバイダー Quickspin
スロットのタイプ ビデオスロット
テーマ
リール、ロー 5 リール, 4 ロー
ベットレベル ¥25 - ¥12500
スキャッターシンボル はい
ワイルド・シンボル はい
ボーナスゲーム はい
フリースピン はい
リスピン 番号
マルチプライヤー 番号
ジャックポット 番号
ペイアウト率 96.28%
ボラティリティ

戦略とコツ

スロットは、作戦を練ってもほぼ効かないんじゃないかというほど必勝法がない遊びです。超能力でも持っていない限り、勝敗を予測したり結果を左右するようなことができないからです。スロットはランダム・ナンバー・ジェネレーターという機械で動作するように設計されているため、賞金はランダムに発生します。ズルもできないし、逆にカジノ側がイカサマをすることもできません。ただし次にご紹介するようなコツを利用すれば賢くプレイすることができるため、勝てる可能性が増えるでしょう。

  • 予算を決める

どんな場合でもプレイは予算内に納めましょう。そうすればもし負けても自分を追い込まずに済みます。

  • リミットを設定する

ゲーム前に制限を設定してからゲームを開始してください。何が起こっても予算を超えないようにしましょう。

  • 5ラウンド分の予算を準備

原則として各ゲームの開始時に5ラウンド分のお金があることを確認してましょう。

  • ボーナス機能を最大限に活用

時々ベットサイズを増やしてボーナス機能のいずれかを発動させます。そうすれば大きな配当を得られるチャンスが増えるでしょう。

スティッキー・バンディッツ・ワイルド・リターン(Sticky Bandits Wild Return)スロットレビュー
ゲームプロバイダー:
ペイアウト率: 96.28%
フリースピン: 7
ボラティリティ:
評価:

User Reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です