UKGC gambling news

UKGCがオンラインスロットの 再設計に関する公開協議を開始

7月 21, 2020

英国賭博委員会はオンライン・スロットマシンのゲームのメカニズムを変更する可能性を検討している。規制当局は先週、ギャンブルの被害からプレイヤーを守るためにスロットを大幅に見直す必要があるかどうかを判断するための公開協議を開始した。

GCのデータによるとイギリスの成人の約1.2%がギャンブルにお金を使いすぎているという。特に支出が多い人は特定のスロット機能を使用する傾向があり、つまり、その機能はギャンブル被害を経験している人々にハイリスクをもたらすことを意味している。

UKGCは、プレイのスピードとベットの頻度は、個人が強迫的なゲーマーになる危険性があるかどうかを決定すると説明。以前からスロットマシンの再設計に変更を導入しようとする動きはあったが失敗に終わっており、今回このような対応をすることとなった。

業界の現場では変化を見通すことができず

UKGCは以前、プレイテック社(Playtech)とサイエンティフィック・ゲームズ社(Scientific Games)を指名していたが、今回はその取り組みを強化している。賭博委員会によると、両社は目標を達成できていないという。

これらの目的には、一部の機能を制限したり完全に削除したりすることが含まれていた。例えば、ターボストップやスラムストップ機能は望ましくないと委員会は述べている。また現場が対応しなければならなかったことの一つに、最小のゲームサイクルを実装することがあった。

規制当局はまた、画面分割型ゲームは削除すべきだと提案した。これらの決定の理由を説明する中で、UKGCは単にギャンブルの害を減らすためにさらに努力することにコミットしていると述べた。

一部の業界団体は、UKGCがこの決定を正当化することなく、業界を過度に制限しようとしていると反論している。実際のところ、業界に深い経済的影響を与えるような突然の決定を説明するには、ギャンブル被害を経験する人の数があまりにも少なすぎたということがあるからだ。

世論と現場の意思決定の融合

しかし、UKGCはプレイテック社とサイエンティフィック・ゲームズ社の報告書を含め、いかなる提案も無視することはないであろう。規制当局は勧告とすべてのライセンシーからの提案を組み合わせ、変更の結果として影響を受ける可能性のある企業から意見を受けつけている。

提案されている変更の一つに、オンラインスロットの定義を修正することが挙げられる。業界は、リモートギャンブルとソフトウェア技術標準 (RTS) を変更したいと考えているからだ。

具体的には、安全なギャンブルのための諮問委員会(ABSG)は、プレイヤーが1つのゲームしかプレイできないように制限したいと考えている。オンラインカジノのゲームセッションをストリーム配信する消費者の中に、分割画面とオートプレイ機能を利用して巨額のお金を費やす人がかなりの割合で存在するからだ。

規制当局は、2.5秒という最低速度もゲームに搭載されるべきだと考えている。これにより、プレイヤーはゲームを楽しむことはできるが、全体的なゲームのペースは遅くなる。規制当局はこの動きによってギャンブルの被害が減ると期待しているのだ。

また、統制がどのように施行されるかについても議論されている。規制当局によると、スロットが対策に適合しているかどうかは独立した試験機関が判断できるという。

不一致がある場合、試験機関は特定の作品を制限することが可能となる。あるいは、対象企業のポートフォリオ全体を制限することもできる。

User Reviews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ジャストスピン

100% 最大 ¥ 12500

600 フリースピン

賭け条件 - 50x